あすたま代表の竹内鉄平です。


同じ環境下で、同じ練習をしても伸びる人と伸びない人がいます。
その違いはどこにあるのでしょう?

競技レベルを問わず、伸びる人には何か理由があるはずです。
自分が考えるに、それはマインド(心構え)の違いからくるのだと思います。

マインド(心構え)とはパソコンでいうOS(オペレーションシステム)にあたります。
どんなによいソフトをインストールしても、OSが古いままではソフトは動きません。

OSをバージョンアップすることで、今までとは全く違ったパフォーマンスを発揮できるようになります。
伸び悩んでいた人は、ブレイクスルーのきっかけを掴むことができるかもしれません。

そこで、自分が大事だと思うマインド(心構え)を、「あすたマインド10ヵ条」としてまとめてみました。
これらは、自分が今まで10年間のトライアスロンのコーチングを通じて繰り返し伝えてきたことであり、
自分が普段意識してることです。(実際にできているかどうかは別です...)

同じ練習をするのであれば、より効果が出たほうがよいに決まっています。
またこれは、トライアスロンだけではなく、ビジネスや日常生活などすべてに活用できます。
皆さんも、すでにできていて、「そんなの当たり前じゃん!」ということもあると思います。
ですが、まだできていないこと、忘れていたこともあるかもしれません。
自分はできているか?今一度確認してみてください。


「あすたマインド10ヵ条」

(1)人との比較ではなく、過去の自分との成長を比較する。

(2)どれだけ量をこなしたか?ではなく、どれだけ意識をしたか?を大切にする。

(3)その日の結果に一喜一憂し過ぎない。

(4)より質の高い快楽を追求する。

(5)自分の限界は、自分が思ってるよりもずっと先にあるということを信じる。

(6)与えられるのを待つのではなく、自ら動き獲得する。

(7)人に質問をする前に、自らに問う。そして、自分の意見を持った上で質問する。

(8)人は自分がなりたいと思う自分になる。なれないのは本気でそうなりたいと思っていないだけ。

(9)自分の直感を信じる。よいと思ったことは即実行。

(10)失敗を恐れず、失敗しても落ち込まず、成功したらラッキーくらいの気持ちでアタック(行動)する。


良きも悪きも「想い」は伝播します。
「想い」がチームを作ります。
皆で良いチームを作りましょう!

2015-08-19-09-35-43

2015-08-19-08-08-17


こちらも合わせてお読みください。
あすたまの「理念」
http://asutama.blog.jp/archives/1040093098.html

株式会社トライアーティスト代表取締役
トライアスロンチームあすたま代表
竹内 鉄平